トップ > 部位別に選ぶ脱毛サロン > VIO脱毛 > VIOを自己処理したときに起きる肌トラブル

VIOを自己処理したときに起きる肌トラブル

デリケートゾーンの毛を見ると全身の他の部位に比べ太いという事がわかりますが、太く成長しているという事は発毛させるための毛母細胞も深い位置にある上に根が強いという証拠です。 そのため、市販されている専用の大型の5枚刃などが搭載されているカミソリであっても、毛が抵抗する力が強すぎるあまり引っ掛かりなどが生じスムーズに剃れないので、引っ張られてしまう地肌には深刻なダメージが生じてしまいます。 肌は刺激が加わると黒ずみが生じる特性があるので、そのように刺激が加えられると清潔感や見た目の美しさを高めるために行った自己処理が逆効果になります。 また、毛抜で摘んで抜く事は毛が太いため強い痛みが生じ現実的ではないですし、出血したり埋没毛となり皮膚内で成長し続けてしまいます。
デリケートゾーンの毛を見ると全身の他の部位に比べ太いという事がわかりますが、太く成長しているという事は発毛させるための毛母細胞も深い位置にある上に根が強いという