トップ > 部位別に選ぶ脱毛サロン > 顔脱毛 > 顔の産毛を自己処理したときに起きる肌トラブル

顔の産毛を自己処理したときに起きる肌トラブル

産毛は目立たなくてもそのままにしていると化粧のりが悪くなるため自己処理を行う方が多く、処理時に最も使われるのが手軽に用意できるカミソリです。 しかし、簡単に処理できるのは事実であっても、カミソリを表皮の上で滑らせると産毛のみならず、角質層まで削いでしまうため肌荒れが引き起こされてしまい、痛みや赤みが感じられるようになります。 また、シェービングでは再び産毛が生えてくるので、二度と成長させないために毛抜きを用いて一本ずつ抜いていく方も多いですが、毛抜きで抜いてしまうと毛と毛根が無くなったとしても毛穴は開いたままです。 そのため、皮脂や汚れが蓄積しやすくなりニキビなどの炎症が引き起こされやすくなりますし、見た目も滑らかさが損なわれます。
産毛は目立たなくてもそのままにしていると化粧のりが悪くなるため自己処理を行う方が多く、処理時に最も使われるのが手軽に用意できるカミソリです。 しかし、簡単に処理